関西の不動産、底地購入・売却のことなら
サニーサポートにお任せください
   
   
今、マンション、戸建て、ビルを保有して不労所得をもちたい方がたくさんいらっしゃいます。
しかし、高額な投資が必要だし、リスクも高いから二の足を踏まれている方がほとんどです。
そこで、そんな方々にお薦めなのが、「底地権」をもって安定した収益を得ることです。
今の時代、これからの時代を生き抜くために、「底地権」のある土地所有者になって安定した収入を得ましょう。
 
底地とは、借地権がついた土地の所有権のこと。
その権利が「底地権」といいます。
借地権とは建物を建てるために土地を利用する権利のことを指します。「土地の権利」と「建物の権利」を別々の人が所有している時に、底地権と借地権に区別して呼ばれております。
 
低価格で保有できる 一般の更地の相場価格の約4割でご購入可能です。
 
安定した収益性 収益マンションのように空室の心配がありません。
 
リスクが低い 建物の修繕、住戸のリフォームは借地権者(建物所有者)がするので底地権者に金銭的負担はかかりません。
 
一時金が期待できる 借地権者との契約(土地賃貸借契約)によりますが、借地権者がその権利を売却する際に、承諾料や更新料を得ることがあります。
 
懸念事項が少ない 借地人(借地権者)が出て行く可能性や地代の滞納の懸念ですが、一般の居住者が出て行くのとは訳が違いその心配はまずありません。仮に、借地人が出ていったとしても、底地権者は自分の土地として自由に使えるようになります。これらの場合、通常の更地価格でご売却することも可能です。(ご購入金額より高値で売買されることも度々あります。)
 
地代の値下がり まずは心配無用です。天災や突然の経済動向の大きな変化がない限り、地代の値下がりは考えられにくいです。
 
表面的にはマンションなどの賃貸住宅経営の方が派手でかっこ良く見えるかもしれません。
単純に表面的な利回りだけをみても、賃貸住宅経営の方が底地経営より上廻っているように見えます。
しかし、賃貸住宅経営はリスクも大きいのです。


・分譲マンションに限って言えば、月々の管理費や修繕積立金の負担を考えなければなりません。
・空き住戸になる毎に次の賃借人が入居するまでの空室損がうまれたり、募集に係る費用がその都度、必要になります。
底地保有の確実性のある投資にご興味ある方は
お気軽にお問合せください。
物件の紹介はもちろん、更に、
魅力的な底地経営の提案をさせていただきます。
 
親から相続をうけたんだけど、全くわからない。   権利関係が複雑すぎてわからない。
     
地代が安すぎない? 相場って幾らぐらいなの?    相続対策になりにくい。
     
物納などが困難である。   借地権者と話が通じない。何を確認したらいいのかもわからない。
     
底地を保有することのメリットとデメリットは何?   街の不動産に尋ねたけど、よくわからない。
     
建物の住戸に怪しい人が住んでいる。   建っている建物が古くて建て直して欲しいんだけど。
     
「売って!」を言われているんだけど、何を気をつけたらいいの?騙されてないかなって不安。
     
当社では過去に体験した様々な事例を
紹介しながら、ご満足いただける
解決方法を提供させていただいております。
 
       
       
    copyright(C)2016 Sunny Support all right reserved.